司法書士飯田ブログ

2013年2月23日 土曜日

有名パティシエでも破産

「(有)ファクトリーナカタ(資本金300万円、川西市西多田2-7-8、代表中田浩氏、従業員10名)は、2月21日に事業を停止し、事後処理を森永茂弁護士(大阪市北区西天満3-1-6辰野西天満ビル6階、電話06-6367-1615)に一任し、自己破産申請の準備に入った。」
(ヤフーニュースより)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130222-00010000-teikokudb-ind

オーナパティシエの中田氏は、2012ジャパンケーキショー東京(全国大会)チョコレート工芸菓子部門で優勝(連合会会長賞)するなど、洋菓子コンテストで数々の受賞歴を誇る有名パティシエだそうです。

昨年優勝したパティシエでも、倒産してしまうんですね。

再生は、難しかったのでしょうか。

「不採算店舗の閉鎖や同業他社との競争激化などにより売上は伸び悩み(中略)、開店資金や設備資金などに伴う有利子負債の増加により収益面は低調に推移していた。」
(記事より)

同社は、2008年に菓子工場を作って生産していたようです。

やはり、工場のような重たい資産を持つと再生のハードルが高くなりますね。

パティシエとしての腕は一流でしょうから、再チャレンジして頑張って欲しいと思います。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 リーガルオフィス白金